新型スズキアルト2014がついにガソリン車低燃費NO.1へ

 

新型スズキアルトがついに発売されます。

かねてから噂になっていましたが、やっぱりデザインがこれまでとは全く違った形になりました。

外観のテイストはレトロ感が強いという意見は多いようです。

新型スズキアルト2014はどんな感じ?

新型スズキアルトの注目点をまとめていきたいと思います。

AL1

AL2
色は他にも多種あるようです→スズキ公式サイト

さて、こちらでは要点をまとめてみます。

・ガソリン車・低燃費NO.1 37.0㎞/l
・デザイン・外観がユニーク
・最近の先進機能(自動ブレーキ等)を装備
・CDプレーヤーが標準装備

これが今回の新型スズキアルトの特徴です。

最も注目されているところは、やはり37.0㎞/lである低燃費性でしょう。ガソリン車では最も燃費が良いタイプです。ハイブリッド車を超えるような低燃費性能です。ダイハツのミラーイースを超える燃費性能ですから、スズキがやってくれましたね(^^)

軽量化とスズキのエネチャージによってこの燃費性能を実現したそうです。凄いの一言ですね…。

またデザインも凝っていて従来型の軽自動車という感じがしません。レトロ感があって男性は特に嫌いじゃないデザインじゃないでしょうか?ちょっと角張っている感じがレトロです。顔も特徴的でライトの部分がいいですよね。

そして更に最新の先進機能もしっかりと付いていて軽自動車としての能力が高いです。自動ブレーキ等がついていて安全性が高いですね。こちらはただし、グレードによってはオプションとなっているようです。

またCDプレーヤーが標準装備というところも良いですね。

先進的で燃費も優れているこのアルト、肝心のお値段はやっぱり安いです。ワゴンタイプなら今や100万円を超える価格設定になっていますが、アルトなら80万円代からの価格設定になっています。詳しくはこちらで

これは欲しいなと思えるアルト

アルトの良さは何となく分かってもらえたと思います。

インテリアについてもこのタイプにしてはとても凝っていてこだわりがあります。低価格だからという感じがしないのが好印象です。

このタイプだと安っぽくても仕方ないかなということになりがちですが、アルトはやっぱりいいですね。スズキも力が入っている車種です。

ダイハツのムーブはそれ程、驚きが無かったのですが、スズキアルトに関してはサプライズと言って良いと思います。

特に悪いところが見当たらないような気がしますね。タイプ的にどうしても車内は普通車と比べると狭いですからそこが問題だと思う方もいらっしゃるかもしれません。

そこは試乗してみて確かめる必要ありそうです。ただこのタイプの軽自動車に乗っている方なら満足感はかなり高いのでは?