軽自動車の税金はどのくらいなのか?自動車税・重量税等

 

軽自動車と言えば、維持費が安いことが魅力の一つです。

普通車に比べて税金も格安でかなり優遇されています。

しかし、ご存知のように税制が変わって軽自動車にも増税の波が!

今回は軽自動車と税金というテーマを取り上げたいと思います。

軽自動車の税金っていくら?

これは4ナンバーと5ナンバーの軽自動車で違いがあります。
(※軽自動車税のみ)

4ナンバー
軽自動車税…4,000円
※増税後は5000円
重量税…6,600円(エコカー減税なし)

5ナンバー
軽自動車税…7,200円
※増税後は10,800円
重量税…6,600円(エコカー減税なし)

軽自動車税の増税はいつから?

軽自動車税の増税は【2015年4月1日以降に登録した軽自動車】からになります。

それ以前に登録してある軽自動車に関しては税額が据え置きになります。

中古車はどうか?ですが、これは新車のみですので2015年4月1日以降に中古車を購入した場合でも増税されません!

例えば、2015年の3月に登録した新古車があったとします。
これを購入した場合には増税前の軽自動車税が適用になるということです。

不明な場合は購入するお店で聞いてみると一番よいでしょう。

普通車と比較するととても安い

自動車税は毎年払う必要がある税金です。

普通車は最低でも、29,500円の自動車税が毎年掛かりますので、それに比べると軽自動車税はとても安いです。

自動車税の仕組みは排気量によって税額が高くなります。

最近の軽自動車は排気量が660ccと表記されることが多いです。

普通車ですと、1500ccや2000ccという自動車が一般的ですので、その場合ですと自動車税はそれぞれ34,500円39,500円と高額な税金を毎年納める義務が生じます。

ですから軽自動車→普通車へ乗り換えた場合は税金の高さにやや驚くかもしれませんね(^_^;)

逆に普通車→軽自動車の場合は自動車税が安いので得をしたように感じる場合も多いです。

4ナンバーの軽自動車でしたら普通車の1年分の税金で約10年分になる計算になりますので、破格の安さではないでしょうか?

【軽と普通車の自動車税比較】

4ナンバー軽自動車税…4,000円(増税前)
1500cc~2000cc自動車税…39,500円

これだけ違うと、不公平感がありますよね?(^_^;)

こういうのを知ってしまうと、どうしても軽自動車に乗り換えたくなります。
それで軽自動車って増税になってるんじゃないかとか思ったりして…。

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!