スズキハスラーの色は何色が良い?購入するという視点で考える

   2014/11/19

最近の軽自動車ではスズキハスラーが人気が高いですね。
やはり見た目の良さが一番かもしれません。
他の軽自動車にはない遊び心があって人気が高いです。

さてこのスズキハスラーを購入するなら何色が良い?
というのは迷いますね。

色は実際に使用する視点で考える

スズキハスラーを購入しようと考えると、色の種類が多くあって悩むところはあります。赤、橙、青、緑、黒、白、更には2トンルーフもあって何がいいやら…。

しかし購入して自分が乗るという視点で考えると選択肢が絞られて来ると思います。まず、毎日のように乗るということですから、男性がピンクのハスラーに乗るのはどうかと思います。しかし、赤の2トンルーフなら許容範囲。

ただし、ツートンルーフにすると価格が多少高くなります。

そして大事なことはグレードによっては2トンルーフが選べないということです。グレードとはオプションの有無などで装備が違ってくるということになります。

スズキハスラーのグレードはA・G(Gターボ)・X(Xターボ)の5種類。5種類と言ってもターボの有無が違うだけで大きく分けると3種類になります。

そして、グレードがAの場合はツートンカラーが選択できません!

Aの色

クールカーキパールメタリック(ZVD)
アーバンブラウンパールメタリック(ZSF)
スチールシルバーメタリック(ZVC)
パールホワイト(Z7T)
ブルーイッシュブラックパール3(ZJ3)
の5種類

※インテリアはピュアホワイトのみ

Aグレード(2WD CVT)
1,078,920円

G(Gターボ)の色

パッションオレンジ ホワイト2トーンルーフ(A7K)
サマーブルーメタリック ホワイト2トーンルーフ(A7M) 
キャンディピンクメタリック ホワイト2トーンルーフ(A7L)
フェニックスレッドパール ブラック2トーンルーフ(A6R)
パールホワイト ブラック2トーンルーフ(A7P)
スチールシルバーメタリック ブラック2トーンルーフ(A7R)
クールカーキパールメタリック(ZVD)
アーバンブラウンパールメタリック(ZSF)
スチールシルバーメタリック(ZVC)
パールホワイト(Z7T)
ブルーイッシュブラックパール3(ZJ3)
の11種類

※インテリアは各種

Gグレード
1,246,320円
Gグレード2トンルーフ
1,289,520円

X(Xターボ)の色

※Gと同じです

オススメはGグレードから

このようにAとGでは色の選択肢がかなり違いがあります。5種類と11種類。2トンルーフが選べるのはGグレードからというのが大きいと思います。

ハスラーってカラフルで良いなと思いますが、最も安価なAグレードですと2トンルーフが選べない。

価格の違いは?
2WD CVTで比較してみましょう。
(2輪駆動のオートマってことです)

※希望小売価格
Aグレード
1,078,920円
Gグレード
1,246,320円
Gグレード2トンルーフ
1,289,520円

ということで、2トンルーフにするなら20万円程高くなります。そしてGグレードで単色と2トンルーフの差は4万円弱の差がありますね。

結論としては何色?

単色で一番人気なのは意外にもカーキ色、つまり緑色のハスラーが最も売れているそうです。黒や白よりもということですから、単色ハスラーは男性に人気があるのかもしれません。赤とかピンクなど2トンルーフは派手なので落ち着いた色ですと緑も有りですね。

ハスラーはSUVですので、ジムニーの代わりに乗ってもいいかなと考える方なら、カーキも良いと思います。カーキ色と言えばジープの色ですからそういうニュアンスで購入する方が多いということかも?

そして女性なら2トンルーフが可愛くてオススメでしょう!
最も売れている2トンルーフの色は屋根が黒ボディーが赤の赤黒タイプです。この色だと男性でも良いかな?と思える色ですね。

ただここで注意しておきたいのは赤や橙色、ピンクは塗装の劣化が早いという点です。ハスラーだけでなく、一般論ですが、赤系の塗装は色落ちやくすみが他の色に比べるとですが、早い傾向があり、最初は良いのですが、段々色あせていく場合もあります。

ですから長く乗るつもりなら(10年前後とか)、赤系は避けるということも一案です。手放す場合に売るという視点で考えてもやや損かもしれませんね。※赤に対して白や黒の方が高く売れるのは事実!

3~4年乗って他に移るということでしたら別に何色でも問題ないでしょう。

個人的なハスラーのベスト色は
単色ですとパールホワイト(色あせない無難)
2トンルーフですと赤黒(一番人気男女とも乗れる!)です。