軽自動車のスライドドアはどの車が良い?タント・NBOX・スペーシア

 

軽自動車には最近、スライドドアが付いたタイプが人気です。

スライドドアが付いているタイプは限定されていて、スーパーハイルーフと言われる背の高い軽自動車です。

他にもありますが以下で詳しく見ていきましょう。

スライドドアが付いた車種

現行の人気車種では、次の通りです。

ダイハツタント
ダイハツウェイク
ホンダNBOX
スズキスペーシア
日産デイズルークス
三菱ekスペース

いや、多いな(^^;)、そんな風に思われた方もいらっしゃるかもしれません。

今、この背が高い軽の乗用車は競争が激化していて、機能面ではお得な車種だと思います。

燃費はそれぞれですが、この大きさにしては燃費が良くなっていますし、ユーザーとしては競争は歓迎です。

さて、スライドドアの話ですが、どれが良いのだろうか?ここは電動スライドドアか?を確認していくべきです。

電動スライドドアの車種は?

電動スライドドアとは後席のドアが指一本でワンタッチでオープンできる優れた機能です。

買い物などで片手に小さなお子さんを抱えて、もう一方では買い物袋を抱えているという場合はスライドドアを自分の手で開くのは大変です。

電動スライドドアですと指でドアにあるボタンを押すだけで開きますので、安全ですし便利です。

それで結論から言えば、このスライドドアが付いている車種は全てです。

ダイハツタント
ダイハツウェイク
ホンダNBOX
スズキスペーシア
日産デイズルークス
三菱ekスペース

な~んだ、という話かもしれませんが、車種によって違いがありますので、ここからが重要です。

①最もドアの開きが大きいのはダイハツタントです。

そして上位車種のタントカスタムにすると両側が電動スライドドアになります。普通のタントですと助手席側のみが電動スライドドアです。開口幅が最も広いのがタントですから、荷物の積み下ろしが多いという方の場合はタントが良いかもしれません。

②その他は横並び

正直、タント以外は横並びかなという印象です。またNBOXもスペーシアもカスタムした上位車種になるとタントのように両側が電動スライドになる形です。両方が電動スライドドアでなければいけないという方はそれ程多くはないかもしれませんが、必要な方は十分に注意して欲しいと思います。

またダイハツウェイクに関してはまだ出たばかりなので情報不足です。スライドドアに関しては最上位グレードが左右電動標準でその他は助手席側のみが電動。オプション(48,600円)でどんなグレードでも両側に付けることが可能です。

③デイズルークスはやや開口幅が狭い

またトップ3と言われるタント・NBOX・スペーシアに対して、若干スライドドアの開口幅が狭いのがデイズルークスです。これは姉妹車のekスペースにも同じことが言えるでしょう。購入の際には実際に見て比較することが重要でしょう。

ワゴン車はどうか?

最後に軽ワゴン車についても触れておきます。上記のスーパーハイルーフとどう違うのか?と言われると上記の車種の方が乗用車的な位置づけです。ワゴン車は乗用車に使っても良いですし、商用的に利用している方も多いタイプです。

・エブリイワゴン・スズキ
・アトレーワゴン・ダイハツ
・バモス・ホンダ

エブリイワゴンの場合はリモコン操作でスライドドアを開閉可能。また運転席から後席のスライドドアも開けることができます。タクシーみたいな感じと言えば分かるかもしれません。

アトレーワゴンもエブリイワゴン同様に運転席からボタンで開閉、降りてもリモコン操作でスライドドアを開閉できます。またドアに付いたハンドルを少し引いて上げると力が必要なく開け閉めできます。

バモスは新型が出てないからか、スライドドアが手動のようです?昔ながらに手で引いて開けるという形ですので、注意が必要でしょう。

背の高い軽自動車は最近ではほぼ電動スライドドアが主流です。