新型N BOXは何が変わった!?車体価格がいくら値が上がりしたのかを検証

 

新型N BOXが発売されましたね!

さて外観的にはそんなに変わっていないような感じですが、車体価格の方は上っているように見えます。しかもかなり。

車体価格の幅は

旧N BOX・・・119万~193万円

新型N BOX・・・138万~208万円

ということでベースグレードも高額に、最上級グレードでは200万円を超えています!

軽自動車もついに200万円を超える時代か~とやや複雑な気持ちです。

車体価格は具体的にどれくらい上ったのか?

【NBOXを比較】

初代NBOX 新型NBOX 駆動 価格差
C 廃止 FF 無し
C 廃止 4WD 無し
G N-BOX G・Honda SENSING FF ¥115,640
G N-BOX G・Honda SENSING 4WD ¥116,320
G・Lパッケージ N-BOX G・L Honda SENSING FF ¥129,040
G・Lパッケージ N-BOX G・L Honda SENSING 4WD ¥129,720
G・Lパッケージ 2トーンカラースタイル N-BOX G・EX Honda SENSING FF ¥166,840
G・Lパッケージ 2トーンカラースタイル N-BOX G・EX Honda SENSING 4WD ¥167,520
G・ターボLパッケージ N-BOX G・L ターボ Honda SENSING FF ¥225,600
G・ターボLパッケージ N-BOX G・L ターボ Honda SENSING 4WD ¥226,280
2トーンカラー Gターボ・Lパッケージ N-BOX G・EX ターボ Honda SENSING FF ¥220,200
2トーンカラー Gターボ・Lパッケージ N-BOX G・EX ターボ Honda SENSING 4WD ¥220,880

価格差が値上がりした価格となります。グレードが上がるに従って価格上昇が大きいことが分かります。

ちょっと旧型と新型のグレード内容が同じという訳ではないのでそこが価格差に現れていると言えるでしょう。

例えば、G(初代)とN-BOX G・Honda SENSING(2代目)を比較すると約11万円程度の違い。これはズバリ言ってホンダセンシングが標準装備となった価格です。ですからホンダセンシングはそのくらいの価格になります。

そして上級グレードになるとそれ以外の装備も追加となっていますのでその分価格が上昇しているんだなということになりますね。

【NBOXカスタムを比較】

次にNBOXカスタムを比較してみましょう。

初代NBOX 新型NBOX 駆動 価格差
G・Lパッケージ N-BOX Custom G・L Honda SENSING FF ¥138,840
G・Lパッケージ N-BOX Custom G・L Honda SENSING 4WD ¥139,520
G・Lパッケージ 2トーンカラースタイル N-BOX Custom G・EX Honda SENSING FF ¥133,440
G・Lパッケージ 2トーンカラースタイル N-BOX Custom G・EX Honda SENSING 4WD ¥134,120
G・ターボLパッケージ N-BOX Custom G・L ターボ Honda SENSING FF ¥225,400
G・ターボLパッケージ N-BOX Custom G・L ターボ Honda SENSING 4WD ¥226,080
G・ターボLパッケージ 2トーンカラースタイル N-BOX Custom G・EX ターボ Honda SENSING FF ¥220,000
G・ターボLパッケージ 2トーンカラースタイル N-BOX Custom G・EX ターボ Honda SENSING 4WD ¥220,680

こちらも似たようなものですね。

13万~22万円程度の値上がりです。

総論としては今回の値上がりは大きいと言えます。

軽自動車の場合は車体価格が安いので10万~20万円程度の値上げでもかなりのものです。1割高と言っても良いでしょう。

売れている車種とは言えホンダも思い切ったものだと思いました。

ホンダセンシングは軽自動車初

さて今回のフルモデルチェンジで何が変わったのかと言えばホンダセンシングが標準装備になったことです。

ホンダセンシングとは何かと言えばホンダの普通車に装備されている安全装備パッケージです。その内容としては自動ブレーキシステムや高速道路等で前車を追跡するクルーズコントロールなど多くの安全機能が付いてます。

ですから10万円ちょっとの価格上昇と言っても高いとは言えない側面もあります。

またNBOXで初めてホンダセンシングが標準装備になったのも見逃せませんね。他メーカーの車種でも普通車の安全装備が付いている軽自動車というのはまだありません。

ですから普通車並の装備が付いたのがNBOXとなります。そう言えば車体価格が普通車並になっているのはそのせいもあるでしょう。

軽自動車でクルーズコントロールが付いているのも(今のところ)NBOXだけです!

その他にはオートハイビーム、後方誤発進抑制機能なども付いていて安心です。

軽量化により燃費性アップ

フルモデルチェンジによって車体の軽量化がなされました。

20.8~25.6km/L→23.0~27.0km/Lというように平均して2km/L前後はカタログ燃費がアップ。

燃費性がやや他のスーパーハイト軽ワゴンより落ちるのがNBOXの弱みでしたが燃費性も改善されつつあります。

収納スペースやシートアレンジも改良

またインテリアの収納スペースも改善されて使いやすくなったと思います。

そしてシートアレンジについても助手席側が大きくスライドしてまるで普通車のミニバンのようなシートアレンジです。

車内空間も先代よりも更に広がって軽自動車とは思えない程の広さ。後席もかなりゆったり座れます。

進化が目覚ましい新型NBOXはズバリ買いでしょう!

【N BOX・グレード価格一覧】