ムーブを買うなら別にミライースでもいいんじゃないの?両車の比較

   2014/12/13

ダイハツムーブを買おうか、それともミライースでもいいんじゃないか?そういう風に迷うこともありますよね。

両車の違いというのはいろいろあると思います。

今回はその違いやそれぞれのメリットデメリットについてです。

ムーブ・ミライースでは何が違うのか?

ダイハツムーブはいわゆる軽ワゴンという種類です。ワゴンですから、背が高い居住性の良い軽自動車というカテゴリーに入ります。

対してダイハツミライースは標準的な軽自動車のタイプです。最近ではこのタイプが非常に少ないのでロールーフ(天井が低い)タイプという呼ばれ方もすることがありますが、特別屋根が低いということではありません。

ですからむしろ、ミライースのようなタイプが、ザ・軽自動車だと思います。

具体的な違いはまずは車体価格でしょう。ミライースは100万円前後(70万円代から購入可)が新車価格となっていて安く購入できます。しかも燃費は軽自動車ではナンバー1で35.2km/Lと非常に素晴しい低燃費性です。これなら経費も安く済みますしミライースの方がお金が掛からないと言えます。

ムーブの場合は車体価格が最低でも130万円前後(一番下のグレード)になりますし、実際にはもっと上のグレードを購入することになるでしょうから150万円は必要になるでしょう(新車価格)。燃費性能は決して悪くありません。新型ムーブですと最高で31km/L程度で、ミライースよりは見劣りするかもしれません。

車内の広さは当然ムーブ

車内の広さで考えると当然ですが、ムーブの方が広く後席に人を乗せやすいです。もしも余り後ろに人を乗せることが無いのであれば、それ程、センシティブに考える必要もないかと思います。

荷物に関してもミライースよりムーブの方が積めると思いますが、そこは軽自動車ですから引越しにも活躍できるといったレベルではないと言えます。自転車くらいの荷物を運びたいということであれば、どうしてもスーパーハイルーフのタントなどがオススメです。ダイハツであればウェイクという軽自動車も発売されましたね。

そういうことで広さや積荷のことを考えるとムーブの方が上であるのは確かだが、それ程気にする程でもないと言えそうです。ただし、人を乗せるという点についてはムーブの方が後席が広く快適です。ミライースはちょっと後ろが狭いかなと感じる場合もあります。

女性や子供を後ろにという場合はストレスがないかもしれませんので、そこは試乗してみて判断でしょう。

その他の機能について

最近の先進機能についても触れておきます。最近ですと低速時の衝突回避がよく軽自動車にも付いています。ダイハツであればスマートアシストという機能です。

実はミライースにもこれが付いているグレードがあり、それが100万円くらいで購入できます。ムーブも標準装備でありますし、そこはダイハツの良さということになるでしょう。

またエアバックもグレードを上にすることでミライースにはサイドにも付けることが可能です。新型ムーブだと変更点はありそうですが、旧型ムーブだとそこが無いのが弱点かもしれません。

先進機能に関しては低価格だけど必要なものが揃っているという意味でミライースにお得感があります。ムーブは付いていて当然だろ、という風潮になっていますね…。

結局どっちがいいんだ?

これはどちらでも良しといったところです。予算に応じて余裕が無いのであれば無理してムーブを買う必要もないですし、ちょっと広めの車の方が良いということであればムーブでも良いでしょう。

どちらも良い車で性能、燃費性も良いですからそれ程後悔することはないのでは?と思われます。

ただし、最近は軽自動車の進化が早いですので出来るだけ新型を買った方がお得です。中古車を買っても燃費が悪くなっていたり、故障が多いとかで車体価格が安いと言っても余計に後でお金が出ていく結果になることもありますので注意が必要です。