新型タントカスタムは高いだけある?車性能よりも質感が大事な人にオススメ

   2016/01/10

新型タントカスタムが気になっている方は多いと思います。

普通のタントと何が違うんだ?ということや価格や性能、エクステリア(インテリア)等です。

tcas1

このド迫力、直近のタントカスタムはもはや軽じゃない?

タントカスタム公式

新型タントカスタムの価値とは

新型タントカスタムの価値は質感にあると言えます。普通のタントとはまず価格が全く違うということに注目でしょう。

タントカスタムの場合は一番下のグレードで何も付けなくても152万円からスタートです。

(※最新型は154万円~)

いろいろオプションを付けていくと結構な費用になりそうです。それでも欲しいという方向けなのがタントカスタムです。

何故高くなるのか?と言えばまずはアルミホイールが標準装備で質感がグッと上がって見えます。後はお約束のエアロパーツ。下品じゃない程度に付いていて良いと思います。

後は前面のアルミのようなグリルが普通のタントとは顔が違います。背中にもアルミを配しているのはホンダ車に近いテイストだと思います。エクステリア(外装)に関してはかなりNBOXカスタムに近似しているのでは?と穿った見方をしてしまいました。。。

さて最も通常のタントとカスタムの違いと言えば車内のインテリアでしょう。タントは日本の量産車と言わんばかりの内装なのですが、カスタムは高いだけあって質感が違います。スライドドアやシートの作りもそのままで質感だけが上がったという内容。

好きな方は好きなテイストに仕上がっていると思います。全く否定するような部分が無く、お金があったら欲しいな!という内容です。

燃費は下がるタントカスタム

そうなんです。燃費性能は少しだけカスタムは落ちています。と言っても3キロ程度ではないでしょうか?

原因は少しだけ重量が重くなる。エアロを付けたり、顔にメッキグリルを装着したりと余計ではないんでしょうが、いろいろと付けると燃費は多少悪くなります。そしてタイヤのインチが一つ上がっていることが最も大きな要因でしょう。

基本のタントは14インチですが、タントカスタムは15インチへとなっています。不満があれば別に14インチにダウンさせても問題ないです(スタッドレス等)。ただしその際にはタイヤ屋さんで現物が入るか確認しましょう。タントくらいのメジャーな車種であればぴったり合うホイールが結構売られているのでその点は安心ですね(^o^)