2015年11月N BOX、N BOX+が一部改良へ※何が変わったの?

 

N BOXとN BOX+が一部改良になりました。

2015年11月20日の発売になりますね。

それで、何が変わったのか?気になるところです。

一部改良になったのは?

 

BNN

・スーパーUV・IRカットパッケージ標準装備

いきなり何それ?(^_^;)というものですが、簡単に言えば紫外線等をカットしてくれる窓になったということです。

紫外線は99%カットですから女性には優しい造りになったと言えますね。

ただ全車標準装備ではなく、CとGを除くグレードに標準装備になります。

N BOXのグレードはC・G・G Lパッケージ・Gターボと大きく分けて4種類となっています。

ですからG Lパッケージ以上だと紫外線カットの窓になりますよという内容になります。

N BOXグレード一覧はこちら

・ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器(ナビ連動タイプ)

こちらも(C・Gを除いて)標準装備になります。

ETCは高速のやつでわかると思うのですが、「ナビ装着用スペシャルパッケージ」というのはよく分からないですよね。

これはナビが付いてくるという訳ではなく、ナビを補助する装備が付いてくるというものになっています。

内容としては、ステアリングのリモコン、ワンセグアンテナ(ナビ用)、2スピーカー(リア)、リアワイドカメラが付いてきますね。

これはナビを付ける前提のオプション装備だと言えます。

ナビを付けないと余り意味が無いかなと言えるものですよね。リアにカメラがあってもナビが無いと映し出されません。そういうことでグレードのCやGには標準装備にならなかったのかもしれません。

軽自動車でナビを付けない人の方が以前は多かったということです。ただ最近は付ける人も多いというのは確かですね。何か寂しいというかあったら便利ということもあります。

社外ナビを付けると一部の機能が使えないという話もありますので、純正ナビが推奨される装備になりますね。社外ナビでも動くということも確認されていますが、中々保証できるものではありません。ディーラーでは当然、分かっていても「保証できない、分からない」と答えるでしょう(^_^;)

Cグレードが追加される

N BOXでは今までCグレードというものがありませんでした。廉価版ではただのGグレードが一番安いグレードでした。

しかし今回もっと安いグレードが登場し、それがCグレードということになります。

N BOX Cグレード(FF)1,198,000円

N BOX Gグレード(FF)1,270,000円

その差は7万2千円です。

何が違うのかと言えば、まず室内のカラーがCグレードはベージュだけです。

Gグレードは黒とベージュが選べます。

この違いはこちらで確認して欲しいと思います。
(※NBOXの写真の下の「室内」というところをクリックすると写真が室内に変わります)

またボディーカラーもGグレードは多数選べますが、Cグレードは白・黒・シルバーの3種類だけです。

まあ白か黒があれば特に問題ないかなと個人的には思います。

軽自動車で7万円高は結構大きいですので、じっくり考えたいところですね。

ただ長く乗ることを想定すると、室内が黒の方が何か無難ですかね。高級感のあるベージュなら良いのですが、そうではないベージュって何か安っぽく感じるものです。最初はいいんだけど、段々何か嫌だなっていう感じになりたくない場合は黒が無難だとは思いますね。

ですからGグレードがやっぱり無難かもしれません。

その他の変更点・変わらない部分

変わらないのは燃費性能や外観ですね。

こちらは最も大きな部分ですが、今回の一部改良では変更が一切なし。ということで一部改良になっても分かりにくい内容になっていると思います。

今までどおりだなということで問題ないでしょう。

上位グレードでは新色のプレミアムアイボリー・パールとブリティッシュグリーン・パールが追加されました。あんまり緑っていうのは選択しないかなって思ったりしますね。