ホンダN-ONEがマイナーチェンジ 前モデルとの違いについて

 

ホンダN-ONEがマイナーチェンジしましたね!

さて何が変わったのか?ということについて説明をしていきたいと思います。

マイナーチェンジですが、変化が多い内容となっています。

ホンダN-ONEのマイナーチェンジの内容

「LOWDOWN」グレードを追加

N2

LOWDOWN(ローダウン)とはそのままですが、車高を下げたモデルになります。

通常のグレードよりも全高が65mm低いということです。立体駐車場に収まる高さということも売りです。
(床は10mm程度下がっている)

数字にしてみると小さく感じられますが、見た目としてはシャープになっています。

価格はG-LOWDOWN(普通のグレード)が1,418,000円~、

Premium・Tourer・LOWDOWN(※上級モデルターボ車)は1,698,000円~という価格設定です。

エクステリアは全車2トーンカラーでアルミホイールが専用の15インチのモノになっています。尚、LOWDOWNはFF車(2DW)のみとなっています。

外観重視という方にオススメなN-ONEです。

Modulo Xも登場!

Modulo X(モデューロエックス)とはホンダアクセスによるコンプリートカーです。

特別なモデルで「Honda純正のエアロカスタムブランド」という位置付けになります。

3MO

N-ONE Modulo Xはこちらですね。

エアロ仕様で顔自体も普通のN-ONEとは若干違います。

価格は1,898,000円~と結構高いモデルになっています。

通常モデルのマイナーチェンジ内容は?

さてここからは通常モデルのマイナーチェンジ内容となります。

こちらを購入したいという方の方が多いと思います。

こちらも従来モデルとフロントグリルやバンパーを多少変更して、上質感が出してきたと言えますね。

また新色も追加されました。

【スタンダードモデル】

プレミアムピンク・パール

【プレミアムモデル】

ブリリアントスポーティーブルー・メタリック

ブリティッシュグリーン・パール

という感じです。

選べる色が増えました。

主に内外装が若干の変更があって、旧モデルよりも上質感が高まったという内容になっています。

走行性能自体は変化無しと考えてもらって問題ありません。