スペーシアが一部改良でSエネチャージ+ディアルカメラブレーキサポート(自動ブレーキ搭載)!

   2015/06/03

2015年5月にスペーシアが一部改良されました。

同時期にハスラーも一部改良を行いましたが、スペーシアにもSエネチャージが搭載されます。

そして更に「ディアルカメラブレーキサポート」(自動ブレーキ)も搭載され安全性UPです!

 スペーシアが一部改良その内容とは?

SPEE

①Sエネチャージ搭載

全車Sエネチャージを搭載!燃費はFF車で32.0km/L

これは大きな改善です。ハスラーもそうですが、スペーシアの場合は全車全グレードという形ですのでスーパーハイトワゴンの軽自動車ではNO.1の燃費性能です。

4WD車でも29.0km/Lの燃費性ですからハイブリッド車と言っても良いですよね~(*^_^*)

②ディアルカメラブレーキサポート

こちらは最近多くの自動車に付き始めた安全装備です。軽自動車の場合は簡易的なものが多い(車体価格を抑えるためです)のですが、スペーシアの安全装備は比較的、性能が高そうです。

その内容とは車内に2つのカメラを設置して前方を常に監視して、危険回避するというものになっています。

1.ブレーキサポート有り
こちらは当然でしょう。

2.カメラが人を感知して危険回避
軽自動車では初めてスペーシアが人を感知して危険回避をする安全装備を付けました。軽自動車の安全装備は簡易的であるのが通常ですが、ここまで来ると普通車の安全装備よりも車種によっては上回ることもあり得るでしょう。

3.誤発進抑制機能
最近たまにニュースでお店(コンビニ等)へ車で突っ込んでしまうという話がありますよね?誤発進による衝突です。アクセルとブレーキを間違ったりということでしょう。

スペーシアにはそれを抑制する機能が付けられます。0-10km、つまり停車時からスタートする場合に誤ってアクセルを強く踏んでも、車載カメラが監視しているのでブレーキがかかるという訳です。

100%防止という訳ではないでしょうが、年配の方やせっかちな方には良い機能です。

コンビニに車突っ込む 新潟、けが人なし

6366ss

27日午前9時50分ごろ、新潟市秋葉区山谷町2丁目の「ファミリーマート新潟山谷町店」に 乗用車が突っ込んだ。秋葉署によると、運転していたのは市内に住む無職男性(78)で、調べに対して「アクセルとブレーキを踏み間違えた」と話している。 男性と店内にいた店員、客らにけがはなかった。

 乗用車はコンビニの入り口ドア付近に正面から衝突し、車体の半分程度が店内に突っ込んだ状態。近くには食事コーナーがあり、女性客1人が食事中だったという。

産経新聞ウェブより

ディアルカメラブレーキサポートはオプション

この安全機能であるディアルカメラブレーキサポートはメーカーオプションになります。

ご存じの方も多いでしょうが、メーカーオプションとは車を新車で注文する(購入する)時にオプション代金を上乗せして追加してもらうことを言います。

新車のみに付けられるのがメーカーオプションです。中古車のスペーシアを買っても原則付けることができないということになります。

そしてオプション価格は¥75,600

スペーシアもスペーシアカスタムも全車にオプションとして選択する形になります。

標準装備なら良かったのですがここは仕方ないといったところですね。安全装備の内容を見る限りは決して高いオプション価格ではないと個人的には思いました。

コンビニへ突っ込みたくないという方は付けたほうが良いでしょう(^_^;)